レディー

始めるのに早すぎるということはない!アンチエイジングのすすめ

安全性の高い方法

注射

目元と同様に表情筋を動かすことが多く、シワができやすいのが口元です。小鼻の横から口の両端にかけて発生するほうれい線は特に目立ちやすく、笑ったときにどうしても影響を受けてしまいます。そのため、ほうれい線を気にする方の中には、思いっきり笑うことをためらってしまうという方もいるのです。また、ほうれい線だけでなく、唇に沿ってできる細かなシワも老けた印象を与えるものです。これらのシワはまだ浅ければ、アンチエイジングケア化粧品を利用するなどして改善することが期待できますが深いシワである場合には美容外科での治療をするのがよいでしょう。美容外科の治療であれば深く頑固なシワでも、改善できる可能性があるのです。まずは美容外科の治療で口元のシワをある程度改善してから、毎日のアンチエイジングケアによってキープするというのもよい方法であると言えます。口元のシワに関しては、ヒアルロン酸などの保水力の高い成分を注入するのが効果的とされています。このヒアルロン酸にもいくつか種類があり、留まる力の強いヒアルロン酸は特にシワに対してよい効果を発揮するでしょう。通常よりも注入した箇所に長く留まってくれるので、動きの多い口元であっても十分に効果を発揮してくれるのです。また、最近では血小板によるアンチエイジング治療も増えてきています。これは、より安全性の高いアンチエイジングケアを希望する方へおすすめの方法と言えます。血小板による治療は自分の血液から採取した血小板を使用するので、拒否反応が出にくく安全性が高いということで話題となっている方法です。血小板には元々壊れてしまった細胞を修復するという働きがあるのですが、この働きを利用することによってシワを解消することができるのです。人間の体に備わっている修復機能を利用した方法ですので、ほかの治療方法よりも自然に効果を発揮してくれるので人気があります。施術後すぐに効果が出るというわけではなく、2週間から2か月が経過したころにハリを実感できるようになるでしょう。また、一度注入すれば約2年間効果が持続すると言われており、頻繁に行なう必要がないので忙しくて時間がなかなか取れない方でも安心です。さらに、ヒアルロン酸やコラーゲンの注射など、ほかの治療方法と組み合わせやすいものでもあります。異なる治療法を組み合わせることによって相乗効果が生まれることがあるため、ひとつの治療方法を実施するよりもよい場合があるのです。口元のシワがかなり深いものである場合、医師と相談のうえで複数の治療を組み合わせて実施することで、より高いエイジングケア効果を得られるでしょう。